2020年01月30日

季節外れの大雨で大分で土砂崩れ、関東でも

豪雨豪雨 / バイク便八王子立川所沢

※イメージ画像です。

これって、季節の前倒しなんですかね?

【関東方面は本日以降も要注意】


九州付近を進んだ発達中の低気圧に南から暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は27日、猛烈な雨や強風に見舞われ、同日夜までの24時間雨量が240ミリを超えた佐伯市では午後8時すぎまでに市内4カ所で土砂崩れの通報があり、東九州道下り線の一部が通行止めになった。

さらに同市蒲江の轟トンネル付近ではのり面が崩れて約10台の車が立ち往生した、とyahooニュースが伝えています。

同様のニュースではありますが、大分放送ニュースによりますと、佐伯市青山の県道佐伯蒲江線では法面が10か所以上崩壊し、車18台が取り残されました、一時24人が孤立状態となったが4時間後に全員避難、けが人等は出ていないと伝えています。

九州もさることながら、28日に雪が降った関東でも。

大雨の影響で、29日、茨城県の常磐道の下り谷田部ICとつくばJCTの間で、のり面2か所が崩れ、道路に土砂が流入したため午前5時ごろから通行止めとなった、復旧の目処は立っていないとTBSニュースが伝えています。

これについては昨日予報されていた通りのようです。ウェザーニューズに『今夜(28日)遅くから明日29日(水)の早朝にかけて、千葉県から茨城県に活発な雨雲がかかる予想です。』となっていたようです。

【大雨が降った後が怖い。】


28日はやけに暖かいな、と思っていたら大阪でも最高気温が19.5℃と各地で季節外れの気温、気象となっており、少々気持ち悪いです。
九州、四国、関東では異例の大雨となったようなので、土砂災害のリスクが上がっていると思われます。

山間部近隣、山間部にお住まいの方、山間部でお仕事される方は地域の防災情報や気象情報をしっかりチェックして、災害に巻き込まれないようにしましょう。
大雨が降った後がヤバいですから。

そして、関東は雪が積もったあとに雨になっているところが多いので、こちらも要注意ですね。
土中の水分量が増えていると思われるので。

それにしても、どうなっているのでしょうか、この気象。
3月ぐらいにサクラが咲いて、4月とかもう、夏日続きとかになる勢いの季節の進み方ですね。
一時的なことなんでしょうか?それとも、今年はこんな感じなんですかね?

【関連記事】


暖冬ゆえなの?...工事現場で事故相次ぐ、宮崎と千葉

連休前とはツイてない...国道459号線で土砂崩れ 福島

岩盤壁?...商店街の裏でがけ崩れ 横須賀(2019)

けが人がでなくてよかった...会津鉄道で土砂崩れ、電車が乗り上げる(2019)

大雨のあと、らしい...静岡県の県道で土砂崩れ、一時174世帯が孤立(2019)




(株)ケイエフのNetis登録でVE取得! 簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。