2020年02月12日

過酷な現場でも大丈夫なキャタピラーブランドスマホ『CAT S61』発売開始



※画像はキャタピーラー社のサイトよりキャプチャさせて頂きました。


新バージョンですかね?

【まさに現場仕様のスマホ】


techable.jpの伝えるところによりますと、米キャタピーラー社ブランドの頑丈スマホ「CAT S61」の日本での発売が始まった、とのことです。
取扱いは、兼松コミュニケーションズ株式会社でプレスリリースを出してます。

以前当ブログでもお伝えしたキャタピラー製高堅牢スマホの最新版のようで、主なスペックを記事から引用させて頂くと、
・高さ1.8メートルからの落下衝撃に耐える。

・米国防省の調達基準と防水・防塵規格IP68に準拠。

・衝撃だけでなく塩水噴霧にも強く、マイナス25度〜55度の環境で作動

・手袋つけたままスクリーン操作可能。

・防水性はというと、水深3メートルで60分間耐える。

・サーマルイメージングカメラや室内空気質モニター機能などを搭載

と現場の過酷な環境下に耐えうる機能満載です。

基本スペックはというと、OSはAndroid 9.0 Pie、プロセッサーはクアルコムのスナップドラゴン 630。メモリは4GB、ストレージ64GB、となっているようです。


【林檎ケータイでも10万ぐらいしますしね...】


結構なことが出来るスマホですが、プロセッサーはミドルレンジな感じですね。
でもお高いんでしょう?...価格については記事では触れていませんが、すでに密林で中華系ショップ(大丈夫なのか!?)が海外品を出品してるようですが、10万ちょっとしてますね(||゚Д゚)ヒィィィ!

まぁそれでも今どきハイエンドのスマホだと10万ぐらいしますし、何より過酷な環境でお仕事されてる方には、そこらのハイエンドスマホよりよっぽど重宝するでしょう。

でも高いけど。^^;
こういうの、ほぼお仕事でしか使わない(普段使いしたいけど、普段使いでそこまでなかなかお金かけられないですよね^^;)ので、経費で落とせるとか、いくらか補助出る、とかないんですかね?

詳細は記事、プレスリリース、またはキャタピラーの公式サイトでご確認ください。

余談ですが、現場の過酷な環境に耐えるデジカメなら、弊社でも取扱してます。
法人限定でしか販売できませんが。宜しくお願いします。


【関連記事】


少々高めだが軽量・速暖なのでありか?日本製カーボンファイバー使用の防寒ジャケット『HOMI』(2019)

ちょっと怖いが、アリかも...「現場作業員のデータを見える化」するAI画像認識技術を開発(2019)

なるほど、この手があるか...ジェスチャーコントロールースマホの使いみち(2019)

災害対応が早くなるかも...キャタピラ、後付可能な遠隔操作システムを年内発売へ(2019)

現場仕事に耐えうる、CATブランドのタフネススマホ「CAT S40」、日本ではオンキヨー&パイオニアから(2017)




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。