2020年04月07日

頻発する豪雨に対応した土砂災害対策、老朽化インフラ対策に重点 国交省予算 総額8兆8609億円

記念に撮っておいた240万円記念に撮っておいた240万円 / Norisa1

※イメージ画像です。


これでも1%微減、らしい。

【国の直轄事業は、2兆8814億円】


神戸新聞Nextの伝えるところによりますと、国土交通省が31日、2020年度予算の公共事業費配分(箇所付け)を発表した、とのことです。

記事によりますと、配分対象額は自治体負担分を含む事業費ベースで総額8兆8609億円となり、19年度から1%の微減、頻発する豪雨に対応した土砂災害対策のほか、インフラ老朽化や物流ネットワークの強化に重点を置いた、と続けています。

【今年は不透明なんじゃ...】


まぁ、後付けで色々やるんでしょうけど、これだけ新型コロナウィルスの感染拡大や都市のロックダウンなどの話が出るご時世なので、今後どうなりますかね?

今のところ全く読めないですが、物流インフラが止まる、あるいは制限がかかるようなら色々変わってきそうです。
現に物流に遅れが出始めているという話も(日本経済新聞)...

【関連記事】


おおよそ2週間程度...公共工事も3月15日まで中止または延期の方向 国交省

無茶ぶりはダメ...異常気象時の運送目安を設定 国交省


台風シーズンも近いことだし...災害時の土砂撤去 全国自治体の専門職員を登録し派遣へ 国交省

復旧と洪水対策重視か...令和元年度 国土交通省関係補正予算の概要

逃げるが勝ちという手も...危険性が高いエリアの開発を厳格化 国土交通省

人は集まるのかしら...工事発注時に価格割り増し 「復興係数」国交省

3年で10億を想定...行政提案型実証プロジェクト『ひろしまサンドボックス』8案件が決定




(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。