2020年08月07日

ネーミング、大丈夫か!?...傾斜角40度対応、急斜面用草刈り機『アラフォー傾子』リリース

Lawnmower Man of DumboLawnmower Man of Dumbo / dumbonyc

※イメージ画像です。


なんというか...まぁ、その...はい^^;

【急斜面での利用ニーズが高まっているため】


ニュースイッチの伝えるところによりますと、株式会社筑水キャニコムが、小型で無線操縦式の草刈り機市場に進出、海外のワイナリーや国内の人が作業しにくい狭い場所や急斜面での利用ニーズが高まっているとして、急斜面専用機『アラフォー傾子』を発売した、とのことです。
お値段税込みで671万円。

記事によりますと、同機は100メートル離れての操作が可能、クローラー式の足回りは左右が独立して駆動し、不整地でも安定走可能、だそうで、河川敷ののり面などでの利用を見込む、と伝えています。

【独特のネーミングセンスが...】


同社はどうやら、工事や農業・林業系の重機を製造・販売している会社のようですが、どれもネーミングが独特ですね。^^;
草刈作業者『ヘイマサオ』『家族のマサオ』、『荒野の用心棒 ジョージ』、農業用運搬車『ピンクレディ』(大丈夫なのか、このネーミング!?)...などなど。

展示会なんかに行くと、必ずと言っていいほど展示されているリモコン式草刈り機。
お値段が結構するので、そう簡単には手が出せないアイテムです。

あるとかなり便利なんでしょうけどね。そして、そろそろ機能的にもこなれてきてるんじゃないでしょうか?

スタッフの高齢化が進む現場仕事では無人・ロボット作業が必須な時代になりますからね。


【関連記事】


この原理、うまく使えないか!?...道具も薬もなしに竹を根絶やしにする方法

ちゃんと役割もあるのか...山火事の後の雑草は除去すべきか?

ヤギの次は牛!?いや14年前からです、しかも獣害対策です...鯖江市“若狭牛”を放牧開始

カモちゃんのほうがいいカモ...日産、田んぼの雑草対策に『アイガモロボット』を作ってしまう。(2019)



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。