2020年11月16日

工事写真、レイア化へ移行...日建連が活用ガイド作成 利用を推進

how highhow high / Seniju

※イメージ画像です。


もはや写真も加工し放題ですしね...

【各ソフトウェアベンダーは21年度内に対応ソフトリリース予定】


建設通信新聞が工事写真がレイアー化に移行していく、という内容の記事を上げています。

詳細は記事を読んで頂きたいのですが、この移行は、国土交通省の「デジタル写真管理情報基準」改定を受けての動きだとか。

少しだけ記事よりポイントを引用させて頂くと、
レイヤ化工事写真は「電子小黒板レイヤ」と「写真(背景)レイヤ」で構成する電子小黒板の機能に、「注釈レイヤ」を追加している。注釈レイヤにはこれまで認められていなかったマーカーや図形、テキスト、寸法線などを自由に書き込めるため、現場作業だけでなく、受発注者の情報共有のさらなる効率化につながるとみられる。

ということだそうです。

また、日本建設業連合会の土木工事技術委員会土木情報技術部会情報共有専門部会は、『変わる!工事写真』を主題とした施工者のための工事写真レイヤ化活用ガイドを作成し、広く利用してほしいと述べている、と記事は伝えています。

keizai report.comというサイトに『「変わる!工事写真」施工者のための工事写真レイヤ化活用ガイド』というPDFファイルがアップされていますが、これのことですかね?

【イタチごっこ的なイメージが...】


もはや画像や動画もボタン一つで改ざんし放題なアプリもあったりします。
しかし、逆にAI(人工知能)技術も日々進んでいるので、改ざん見破りも簡単に出来るようになってきています。

そう考えると、このあたりはカメラの機能で制限かけるとかが重要になってくるんですかね...
デジタルな世界は、昔からイタチごっこなので、どこで折り合いをつけるか、ということになるんでしょうけど。

最後は回り回って、結局アナログが一番となったりして。
現場画像を扱う方は、上記の『「変わる!工事写真」施工者のための工事写真レイヤ化活用ガイド』に目を通しておきましょう。


【関連記事】


遠隔管理が主流となるか?...現場アバターシステム開発 芝浦工業大学と川田工業

やっぱ、そうなりますよね...災害危険地、住宅優遇しない方向で 国土交通

その道の人じゃなくても使ってみたい!定価28万もする建築・建設プレゼン用ソフト『Twinmotion』が11月まで無料(2019)



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。