2020年12月02日

空撮から山地災害の状況を解析...佐賀県庁で『Terra Mapper』導入

Drone.Drone. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

※イメージ画像です。

二次災害回避にもよいかも。

【導入コストは10分の1】


techable.jpの伝えるところによりますと、テラドローン株式会社の自社開発ソフト「Terra Mapper(テラマッパー)」が、佐賀県庁農林水産部森林整備課に導入された、とのことです。

同ソフトは記事の説明を引用させて頂きますと、
ドローンから撮影した複数の写真から現地の詳細な情報を取得し、地図や3Dモデルを作成できる「Terra Mapper」。3Dモデルを活用した体積の算出、がけ崩れなどの面積や距離などのデータ取得などが簡単にできる。

とのこと。

説明動画があったので、ご参考までにどうぞ。



山地災害が発生したとき、ドローンの写真からいち早く正確なデータを安全に取得できるのが最大のポイントで、1つのソフトで測量から解析までを完了できるため、導入コストは従来のおよそ10分の1ほどだ、と記事は伝えています。

【早期に対応策が作れそう】


土砂災害など、災害地に人が入るのが危険なところでも現状の把握が出来るのはよいですね。

おいくら万円するのか、判りませんが記事では導入コストが10分の1だというのだから、よいことです。
遠隔でこれが操作できるようになれば、なおよいですね。まだまだ先の話になりそうですが。

【関連記事】


他の案件にも使えそう...Google,『樹木を植えた方がいい場所』をマッピングして植樹計画をサポートするツールを開発

ポイント付く??ドローン活用の土木・建築現場における工事進捗管理サービス、楽天AirMap提供開始

なんだろ、このしっくり感...ロシア製サイバーパンクCGがやけに近未来な件

もうひと押しほしかった...室内ドローン搭載のホームセキュリティ『ring』

映画みたいだ...そして、早い。野生のクマをドローンで追ってみた動画



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。