2021年01月20日

中津の国道沿いの斜面崩れる 大分

landslidelandslide / tsuda

※イメージ画像です。


雨降ったんでしょうか?

【深夜、通行人からの通報】


テレビ大分の伝えるところによりますと、18日午後11時20分ごろ、中津市本耶馬渓町多志田の国道212号で国道沿いの斜面が崩れて、およそ10キロに渡って通行止めとなっている、とのことです。

県の中津土木事務所によりますと斜面が高さおよそ7メートル、幅8メートルほどに渡って崩れていてけが人などはいませんが土砂が国道をふさいでいる、中津土木事務所が復旧作業を進めると共に土砂崩れの原因を調べている、と記事は続けています。

【二次災害にもご注意を。】


迂回路があるようですが、作業に当たる方も大変ですね。

このところ、寒波にやられている日本。これだけ寒いと体もうまく動かなかったり、注意散漫になったりするので、作業に当たる方は十分お気をつけください。

【関連記事】


雪解けや雨が原因?...和田川沿いで土砂崩れ 富山

国土強靭化、防災・インフラ整備に1兆2786億円を計上 国交省

雪が降っても起こるのか...砺波市で地すべり、空き家1棟全壊



(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。