2021年01月21日

結構数がある...「簡易に鋼材、鉄筋等の腐食状況を把握できる技術」の技術比較表を公表 国交省

irish unemployment comparedirish unemployment compared / Sean MacEntee

※イメージ画像です。


なんか、いっぱいあった。

【現場実証試験等を実施、技術比較表をとりまとめ。】


国土交通省のプレスリリースによると、公共工事等における新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」により、同一評価項目や試験方法の下で比較可能な技術比較表を作成し、新技術の活用を促進することを目的に技術公募を行い、現場実証試験等を実施、「テーマ設定型(技術公募)」による技術比較表をとりまとめたので、公表する、とのことです。

テーマ設定型(技術公募)とは、プレスリリースの説明を引用させていただくと、
直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用を促進する取り組み。

だそうで、NETISのサイトで見ることが出来るようです。(上のメニューの「テーマ設定型の比較表」という部分です。)

今回公表されたのは、「簡易に鋼材、鉄筋等の腐食状況を把握できる技術」の比較ですが、サイトには
・ライティング技術等の除雪作業の効率化に寄与する技術
・コンクリートのひび割れについて遠方より検出が可能な技術(まだ公開されてない模様)
・上塗り塗装施工したままで可能な溶接部の亀裂・劣化調査技術

などいくつかリストが上がっています。

【参考にするにしても数は多いほうがよい】


公募なので、ほかにもあるんでしょうけど比較可能な技術の特徴を抑えられるのはよいかもです。

同NETISのページをブックマークしておけば、更新状況をときどきチェックできますね。

【関連記事】


解りやすい...土石流が発生した時、砂防施設がある時、ない時、の模型実験 国交省 飯豊山系砂防事務所

国土強靭化、防災・インフラ整備に1兆2786億円を計上 国交省(2020)

工事写真、レイア化へ移行...日建連が活用ガイド作成 利用を推進(2020)

やっぱ、そうなりますよね...災害危険地、住宅優遇しない方向で 国土交通(2020)

こんなのがあるのか!?国交省の防爆バルーン搭載車両がかっこいい。(2020)



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。