2021年01月22日

今年はちょっと楽?日本気象協会、2021年春の花粉飛散予測(第3報)を発表

hay feverhay fever / 一人寿司-Hitori Sushi

※イメージ画像です。

マスク着用常態化、外出自粛なので今年はちょっとマシなのでは??

【2月上旬からスタートし、3月は各地でスギ花粉がピーク】


tenki.jpの伝えるところによりますと、20日、日本気象協会は2021年春の花粉飛散予測(第3報)を発表した、とのことです。

詳細は同サイトに図解入りで詳しく解説されているので、そちらをご覧頂ければよいかと思いますが、ざっくり記事より引用させて頂くと、
■2月上旬に九州や四国、東海、関東の一部から花粉シーズンがスタート

■スギ花粉の飛散開始※は、九州から関東まで例年並みか早く、北陸や東北は例年並みとなる見込み
※飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

■スギ花粉飛散のピークは、
 ・福岡で2月下旬から3月上旬
 ・高松・広島・名古屋では3月上旬から中旬の予想
 ・大阪は3月上旬、東京は3月上旬から下旬
 ・金沢・仙台では例年並みの3月中旬から下旬

■スギ花粉飛散が終わる頃、ヒノキ花粉が飛び始め、ピークは
 ・福岡では3月下旬から4月上旬
 ・高松は4月上旬から中旬
 ・広島・大阪では4月上旬の見込み
 ・名古屋・東京では4月上旬から中旬

となっているようです。

2021年春の例年比での花粉飛散傾向予測としては、東海、北海道は例年並みのようですが、それ以外の地域の飛散量はやや少ない、と記事は伝えています。

【マスクはしてても...】


今年はマスク着用が常態化してるし、外出自粛傾向、テレワークなどで花粉症の方も症状がマシになるのでは?と思ったりしたのですが、室内でも新型コロナウィルスの関係で換気をするため、結局は同じなんですかね。

花粉症の方にとっては、むしろ、室内でもマスク必須となるかも、なわけです。

いろんな”外敵”から挑戦される人類ですが、自己防衛に努めましょう。

【関連記事】


大丈夫か?いやむしろ...PM2.5もろ過可能、現場仕事にも対応、ファン送風付きハイテクマスク『ナノブリーズ』(2020)

雨が降った後に晴れると花粉量は20倍になる、らしい。(2020)

マジか、間違ってたわ...正しいマスクの付け方、知ってました?(2020)

設計データ公開...スパコン富嶽によるシミュレーションから生まれたフェイスシールド 理化研など3社(2020)



(株)ケイエフの現場の安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。