2021年03月01日

無駄に騒がないためにも覚えておこう...『フレアアタック』という現象

DSC00059bDSC00059b / Naki1900

※イメージ画像です。

知らなんだ...確かに知らないと慌てるかも。

【2011年の東日本大震災のLPGタンク炎上の記憶から?】


msnニュースで紹介されていたニュースです。

記事によると、今年2月13日の福島・宮城県の最大震度6強、千葉市で震度4を観測した地震後、石油化学コンビナートが集まる市原市臨海部の空が赤く染まり、大丈夫か?などの通報が10件、市の消防局に届いたそうです。

同市で製油化学工場を稼働させている出光興産千葉事業所の広報担当者によると、原因は余剰なガスを無害化するためにわざと燃やす「フレアスタック」というもので、地震や停電時は操業を一時停止するため、通常より多くの余剰ガスが発生し、大きな炎が出ることがある、と記事は伝えています。

その時の映像がこちら。



【近隣住民は気が気ではないですね。】


大きめの地震の後となると、そりゃびっくりしますよね。

知らないと、地震の影響で爆発でも起こったのか、と思ってしまいます。
逆にこういうのは、ニュースなどの報道で流してもらえると慌てなくて済むんですけど。

記事によると、むしろこれは『地震直後の大きな炎は安全装置が正常に作動した証拠』だと述べています。

以後、覚えておきましょう。

【関連記事】


今度は近畿か!?和歌山で震度4の地震 和歌山市議会では天井崩落

福島・宮城で震度6強、常磐自動車道で土砂崩れ、車が巻き込まれる 13日

なるほど、これが科学者の視点...昔からあるバランス岩から地域の地震の揺れの大きさを予測する研究



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。