2021年03月23日

施工済みの法面なのに...震度5強の地震で住宅の、のり面崩落 宮城

Abbotsford Landslide - looking west below Edward Street, 10 August 1979Abbotsford Landslide - looking west below Edward Street, 10 August 1979 / Dunedin City Council Archives

※イメージ画像です。

むしろ他に崩れたところとか、ないんですかね?

【原発での異常はなし】


日刊スポーツの伝えるところによりますと、20日午後6時9分ごろ、宮城県で最大震度5強の地震があり宮城県石巻市や盛岡市で計2人がけがをした、と伝えています。

また、東京新聞の記事によりますと、この地震で塩釜市の住宅街で住宅ののり面が崩れ、21日に復旧工事が行われた、とのことです。

現場では、のり面が約10メートル四方で崩落し、大量の土砂が市道をふさいだが、けが人や住宅に被害は出ていない、と記事は伝えています。

また福島民友新聞の伝えるところによりますと、三春町の町道で、土砂崩れがあったため、21日午後8時15分から通行止めになった、と記事は伝えています。この土砂崩れによるけが人や建物への被害はなかった、と記事は続けています。

【一週間ほど要注意】


震度5強なので、結構な規模の地震だと思うのですが土砂災害のニュースが2件ぐらいなのは不幸中の幸いでしょうか?まだまだ報道されてないだけであちこちあるんですかね?

21日の日曜日も種子島のほうでしたっけ、地震がありましたね。
季節の変わり目はなんだか、地震が多いような気がします。

今後一週間程度、同様の揺れに注意が必要ですね。
日曜日に雨になった東北地方としては、地震が雨の前でよかったかもしれません。
雨の後に地震だともっと土砂災害の被害は広がっているのではないですかね。

地域の防災、気象情報をこまめにチェックしておきましょう。

【関連記事】


やっぱ雪解けの影響大か?今度は新潟県阿賀町で地滑り 2世帯3人に避難指示

落雷、がけ崩れ、床上浸水で大荒れだった13日 神奈川県

解りやすい...各個人にあった備蓄の目安が作れる『東京備蓄ナビ』

言われれみれば...山の中でも『津波』は起こる、東日本大震災の教訓

今度は近畿か!?和歌山で震度4の地震 和歌山市議会では天井崩落



(株)ケイエフののり面モルタル補強用繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。