2021年04月19日

気をつけないと事故増えそう...気象災害予測を3Dで運転中に表示させる技術、開発。



※画像は、エムティーアイ社の3D雨雲ウォッチProのサイトからキャプチャさせて頂きました。

ミッション・インポッシブルっぽくて、かっこいいけど...

【官民研究開発投資拡大プログラム「PRISM」の一環】


techable.jpで紹介されていた技術が、場合によっては災害に巻き込まれるのを防いでくれるかもしれません。

記事によりますと、内閣府が主導する官民研究開発投資拡大プログラム「PRISM」の一環として、気象庁気象研究所と株式会社エムティーアイが協力して、これから行く先の気象災害予測を3D表示するシステムを開発した、とのことです。

どういうものかというと、記事より引用させて頂くと、
気象研究所がリアルタイムで収集している局地的大雨や竜巻、突風に関するデータを、3Dで表示された地図上に可視化する...(中略)...竜巻や突風については、気象研究所による発生の予測が色面や灰色の竜巻の形で表示される...

となっています。

しかも、ゲリラ豪雨などの局地的な大雨には最新の探知・追跡情報が30秒ごとに地図上に描画される、らしい。


【マジマジと見てたら、事故りそう。】


最初、フロントガラスいっぱいに3D画像が広がるのかと思ってしまいましたが、そうではなくカーナビ画面とかに描画するイメージなんでしょうね。

すでにスマホに3D雨雲ウォッチというアプリを入れてる人は解りやすいですが、あんな感じのようです。

どうせなら、カーナビのように『この先、1kmゲリラ豪雨です。』とか言ってもらえるほうが、ドライバーとしてはよいのではないですかね。

ヘタに車内のディスプレイ覗いてたら、事故りそうです。
まだ実用化はされてないようですが...

色々な情報を取り込めるようになれば、落石、土砂災害を回避できるようになるかもしれません。

とりあえずは実証実験をどっかでやってみてほしいところです。

【関連記事】


コスモクリーナーか!?...長3封筒サイズの設置面積の機械でCo2年間1トン処理できる技術を開発 東芝

災害シミュレーションにも、国交省主導プロジェクト「Project“PLATEAU(プラトー)”」、活用事例増加中

天候に左右されないの?地滑り前兆、衛星使いキャッチ 静大准教授と浜松市が実験



(株)ケイエフの現場の安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。