2021年07月16日

この夏も思いやられそう...ゲリラ豪雨、昨年の2割増しの気象会社予測 

DSC02224DSC02224 / Tamago Moffle

※イメージ画像です。

マジですか!?昨年でも結構痛い目に遭っているのに...

【まだまだ続く豪雨被害】


先週から梅雨前線の影響やゲリラ豪雨であちこち土砂災害、洪水など大雨による被害が全国的に拡大しており、未だ各地で被害が出ています。

新潟日報の伝えるところによりますと、新潟県弥彦村は13日、大雨の影響で弥彦山表参道ルートの一部が崩落したため、同ルートを通行止めにすると発表した、とのことです。

また秋田魁新報の伝えるところによりますと、由利本荘市では13日、住民が田畑や道路の冠水で堆積した泥の片付けなどに追われ、土砂崩れや冠水が相次いだ旧本荘市東部の館前集落にある宝円寺、隣接する共同墓地の斜面が高さ約25メートル、幅約15メートルにわたって崩落し、倒壊した墓石や碑が泥に埋もれていた、とのことです。

連日の土砂災害や洪水のニュースの中、カナコロが伝えるところによりますと、7〜9月に全国で発生する「ゲリラ豪雨」の回数は約7万5千回に上り、昨シーズンの1.2倍になるとの予想を、気象情報会社ウェザーニューズが公表した、とのことです。

詳細は記事でご確認いただければ、と思いますが、都道府県別では、北海道が最多の1万400回、だと記事は続けています。

【こまめな情報チェックと事前準備を。】


北海道って、毎夏、そんなにゲリラ豪雨に見舞われてるんですか?

これはちょっとびっくり。
普段割と平気な大阪もすでに今年のゲリラ豪雨は質が違うな、と感じる今日この頃です。

雷の規模が違うというか...無論、雨量もそうなんですけど。

こまめな気象・防災情報チェックと平時から災害用の備蓄、電力・水確保、最悪避難に至るまで準備を確認しておきましょう。

【関連記事】


週が明けてもまだまだ局地的大雨...全国各地で大雨による被害多発

先週末も各地で災害多発、なぜか落石案件多し

気をつけないと事故増えそう...気象災害予測を3Dで運転中に表示させる技術、開発。

来週こそは梅雨明け?...中国地方土砂災害続く、一方熱海では苦渋の決断で支援物資、一時受入休止

遠くの空が暗かったら要注意、山間部の川が数秒で変化する怖い映像(2020)



(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。