2021年11月01日

土砂災害発生の危険性高い豪雨「平均雨量100年に一度」と判明 森林総合研究所

Heavy Rain
Heavy Rain / rebelxtned

※イメージ画像です。

ちょっと解りづらいかも。

【その地域における100年に一度の値に達した際】


JAcomの伝えるところによりますと、森林研究・整備機構森林総合研究所は、土砂災害が発生する危険性が高い豪雨の特徴として、1時間当たりの平均雨量が、その地域におけるおよそ100年に一度の値に達した際に、土砂災害が発生する危険性が高くなることを明らかにした、とのことです。

この成果は、土砂災害が発生する危険性が高い雨の降り方の判定に役立つことから、住民の安全な避難計画の策定に貢献することが期待される、と記事は続けています。

【一般人が見分ける方法がほしいところ。】


ここ数年は、『○○年に一度』の雨量という言葉を頻繁に聞くようになりましたが、毎年それが更新されてる気がします。

この地域では、1時間あたり平均○○mmなので、▲▲mmを越える雨量なら土砂災害発生率が高くなるので、逃げてね、みたいなのを地域ごとで表示しれくれる、あるいはスマホのアプリかなんかで見れるようになれば、的確に避難できそうですけど。

それでもこういう指標が解っただけでも進歩です。

記憶が定かではないのですが、土中の水量?降る雨量?が400mm越えたら、かなり土砂災害発生率が高い、と読んだ記憶があるのですが、勘違いですかね??

それにしても、こういうのが分かると気象庁なんかの避難情報の精度が上がるので、助かる命は増えそうです。

【関連記事】


獣害の影響が大きい...森林の下草が土砂流出97%減 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター

なんかグロい...宇宙コンクリートをマッドサイエンスな方法で製造することに成功 英マンチェスター大学

土木技術に応用可能か!?カブトムシの幼虫の潜り方が研究されている件

やりすぎた?年間42mmしか雨が降らないUAEで人工降雨成功、しかし...

今年2月、3月の東北方面の地震の影響による法面崩落等の調査報告、防災科研が発表


(株)ケイエフの簡易法枠吹付け工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。