2011年08月10日

そこまでやる!?冷蔵庫の節電対策を自作する男

気がつけば8月も半ばに差しかかろうとしてますね。
夏の風物詩と言えば、やはり花火。夜空にどかんと打ち上がる大輪の花を
見てると豪快で気持ちいいですね。

しかし、そんな打ち上げ花火、今年は震災の影響などで少々自粛ムードで
2割減なんだそうですね。なんで自粛しないといけないのか謎なんですが...

そもそも夏の打ち上げ花火は単なるお祭りなのか、なんか意味があるのか
というのをmsn産経ニュースに掲載されています。

例えば、隅田川の花火大会。全国的にも有名ですよね。スタートは1733年。
8代将軍吉宗が、前年の凶作とコレラ流行を克服するべく隅田川で水神祭を開き、
その際、両国橋周辺の水茶屋や料亭が協力して花火を上げたのが始まりとされる
そうで、慰霊や悪疫(あくえき)退散への祈りが込められてきた、んだそうです。

なるほど...そういう意味があるんですね。さらに詳細が記事で説明されて
いますので、お時間のあるときにでもどうぞ。

ちなみに、打ち上げ花火は10万ぐらい出せば、個人でも打ち上げられるサービス
あるようですよ。

さて、今週は全国的に気温が高くなるところが多く、電力消費量が大幅アップ
なんてニュースが連日報道されてますね。もう分かってるわ!と言いたくなる
ぐらいあちこちで、セミのように”節電”、”節電”と言われるわけですが
そんな中で消費電力をなかなか減らせない冷蔵庫の節電に挑んだ男がいる
ようです。

誠Biz.IDにその全貌が掲載されているので、詳細は記事をご覧になれれれば
よいかと思いますが、正直、かなりのムチャぶりです(汗)。

設定温度を下げるとか保冷カーテンをつけるとか、そんな生やさしいことでは
駄目だ!と言わんばかりに、それ、やっても良いんですか?という荒業を
繰り出してます。

その甲斐あってか、水冷、空冷の合わせ技で46%も節電に成功したそうです。
ここまでやれば国から”よくがんばった!感動した!”ぐらいの言葉を
頂戴してもよいかも...ただし、記事にもありますが、ヒトにはこのやり方は
おすすめしません、と書かれているので、多分、やはりかなりのムチャぶり
なのでしょうね...

節電努力するのは結構なんですが、やはり機器に悪影響を及ぼさない程度に、
そして、人体に負担のかからない程度にしておきましょう。
事故って火事とか出しても怖いし、熱中症であの世へ連れていかれてもシャレに
なりません。

ケイエフはスーパークールビズ実施中です。





東北関東大震災義援金





あわせて
ラベル:節電 エコ 環境
posted by ケイエフ at 10:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック