2022年01月14日

来週も続くこの強烈な寒波...tenki.jpによる2週間天気予報

吹雪 小休止中。庭木が大変なことに吹雪 小休止中。庭木が大変なことに / Spiegel

※イメージ画像です。


この土日が唯一の活動日になりそう。

【来週も強烈な寒波が流れ込む模様】


tenki.jpが13日からの2週間の天気予報を発表しています。

詳細は記事でご確認頂ければ、と思いますが、1月22日までの間で一旦この冬型の気圧配置が緩むのは、今週末の15日〜16日だけとなりそうだ、と記事は伝えています。

ざっくり、記事より引用させて頂くと、
【17日〜20日】
16日の気圧の谷の通過後は、九州など西日本を中心に強い寒気が流れ込む見込み...(中略)...18日頃は、再び上空5500メートル付近にマイナス36℃以下の寒気が、北陸付近まで流れ込むでしょう。

【21日〜26日】
今のところの資料では、日本付近への顕著な寒気の流れ込みはありません...(中略)...23日から24日頃の気圧の谷の通過した後、千島近海からアリューシャン近海で、低気圧が発達する可能性があります。

とのことです。

23日から24日頃はこの時期にしては気温が高くなると予想されており、雪が多く積もる地域では、なだれや屋根からの落雪に注意が必要だと記事は伝えています。

【降雪も大変ですが、雪解けにも注意】


天気予報は、あくまで予報なので空気の流れにより変化しますので、この雪の多い時期、こまめに情報を確認して、できるだけ災害や事故に巻き込まれないように、そして車に乗る方は事故を起こさないように注意しましょう。

状況によっては、行動の延期も考慮したほうが良さそうです。

ニュース報道など見ておりますと、今年のこの時期の雪は湿って重い雪になっているようなので、雪かきや雪下ろしで落雪があると事故になるリスクが高いようです。

くれぐれもご注意ください。

【関連記事】


山が作る影を時系列に3Dで見ることができるWebサービス『Shade map』

正しく情報アップされればかなり助かる、yahoo防災アプリ『災害マップ』にツイート投稿表示

JPCZって何!?明日クリスマスの夜から今季最強の寒波で日本海側ではドカ雪かも!(2021)

土砂災害発生の危険性高い豪雨「平均雨量100年に一度」と判明 森林総合研究所(2021)

明日は『防災の日』、『在宅避難』に関する調査で、『アレ』が準備できてない、と回答した人は6割強(2021)



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。