2022年05月12日

作業者はご用心を...浚渫(しゅんせつ)工事でパワーショベル3台水没

Power shovelPower shovel / haru__q

※イメージ画像です。


為す術がなかった、ということでしょうか?

【1台は電装系パーツ交換で自力脱出】


2022年5月8日にツイッターに投稿された浚渫(しゅんせつ)工事現場の画像が話題になった、とJcastニュースが取り上げています。

詳細は記事を読んでいただけばよいかと思いますが、現場は、 桜の名所として知られる、名古屋市千種区内の平和公園内にある猫ヶ洞(ねこがほら)池だそうで、名古屋市が、2021年11月上旬から、たまった池底の土砂やゴミを除去する浚渫(しゅんせつ)工事を行っていた、池の水位を下げていった結果、池底の一部が露出しており、そこにパワーショベルが3台あった、と記事は伝えています。

原因について、
「土砂などに水が入ってきて、土砂が水を含んで軟らかくなり、その上に乗っているパワーショベルが土砂の中に沈下し、さらに周辺の水が入り込んできて水没したと考えています

と発注者の名古屋市千種土木事務所の取材コメントを記事は掲載しています。

【想定外だった、ということでしょうか?】


よく工事現場などで重機をそのまま置いて帰っている光景を見かけます(それが普通なのかも)が、夜間の間に雨が降るなりして、朝来たら沈んでました、という状況だったのですかね?

もしそういう状況なら、そりゃびっくりしますね。
池の底の作業なので、ぬかるんでいるとは思いますが、まさかがっつり沈むとは思っていなかったのでしょうか。

これから雨のシーズンになるので、現場で作業される方はその場所の土質や状態をよく確認しておいたほうがよさそうです。


【関連記事】


明日は我が身だし...逗子の高校生らボランティア団体、土砂崩れ危険箇所を自ら調査

火の元には十分注意を...阿蘇市の野焼きで大火災

見てるだけで背筋がゾクゾクしてくる...アラブ方面のどっかの国の足場組立作業

安全確保をしっかりと...道路工事現場でU字ブロック切断中、首を切る事故 茨城

間違い探しなの??安全確保を完全無視した海外の解体現場の映像(2021)



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック