2011年09月30日

目指せ!宇宙太陽光発電所 京都大学で実験施設公開

月と宇宙基地 - 写真素材
(c) jun写真素材 PIXTA


ついに始まるみたいですね。
yahooニュースの伝えるところによりますと、京都大が28日、宇治キャンパス
(宇治市)に新設したマイクロ波によるエネルギー伝送実験施設を関係者に公開
したそうで、この施設、世界最大規模の施設で、宇宙空間で太陽光発電し地上に
送電する「宇宙太陽光発電所」の実現をめざす、んだそうです。

宇宙での太陽光発電はマイクロ波に変換する、変換効率が課題のようですが
これから何年後ぐらいに実用化できるようになるんですかね...生きてる間に
見てみたいです。

それにしても、毎度思うのですが、送電するときにマイクロ波に変換すると
いうことは、人体や環境に影響はでないのでしょうか?当たる量の問題なんですかね?
送電経路にうっかり鳥とか飛行機が通って、爆破、とかならないんでしょうか...
こんな素人の疑問はとっくに解決されてるんでしょうけど...(汗)


【関連記事】

実用化への一歩進む!?宇宙太陽光発電実証実験へ。

やっぱり宇宙って大変かも、帯電する満月

ミニ氷河期もあり?宇宙線がもたらす気温低下の影響

SFっぽいが、かなり緻密 日本発15年後の植物質な都市がすごい。

夢は大きく!日本企業の月面太陽光発電構想

動力のほとんどは太陽光、宇宙凧「イカロス」5月打ち上げ

ケイエフはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。





東北関東大震災義援金






あわせて
posted by ケイエフ at 09:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック