2011年11月04日

ここにも放射能の影響...獣害防止のハンター苦悩の日々

イノシシ - 写真素材
(c) shinshin画像素材 PIXTA


獣害を防止するためのハンターが色んな課題で板挟みになって
大変なようです。

msn産経ニュースの伝えるところによりますと、有害鳥獣の捕獲は農作物被害を
食い止める目的があり、自治体も補助金を出すなど力を入れているのだが、
宇都宮市の場合、もらえる補助金以上に経費がかさみ、さらに、獲った動物から
放射能が検出されたため、県の指導のもと、食べるのを控えているそうです。

さらに、食べられない捕獲動物は処分するしかないのだが、放射能の問題があり
行政としても対応を決めかねている、らしい。

近隣住民から獣害防止のため、ハンティングを求める声があってもこのままでは
ハンティングを継続するのは困難、とあるハンターは語っているそうです。

記事によると、イノシシ用の罠は1個7,500円で補助金は6,000円で
それだけでも赤字で、それに罠を見てまわるのにガソリン代がかかるがそれは
自己負担、ということらしい。

かかる経費は近隣農家や農協などから出してもらうことで解決できると思うのですが...
問題は放射能ですね。放射能がなければ、獲った有害鳥獣を販売するなりして
経費を埋めることもできますが、売ることもできないとなれば、これはツラい
ですね。

しかし、近年、山から降りてくる動物の数も増えているようなニュースが
多々あるので、放って置くわけにもいかないでしょうし...
困ったものです。

最近、里へ降りてくる熊だのイノシシだのの話が沢山ありますが、山には
そんなに食べ物がないのでしょうか?
それとも、熊やイノシシが贅沢になったのでしょうか?

そう言えば、我が家はそんなに田舎ではないところにありますが、
近所の公園にたぬきがいるとか、夜、イタチを沢山見るようになりました。
これも同じ現象なんでしょうか...


【関連記事】

一石二鳥になるか?獣害対策にオニヒトデ置くだけ

新たなバイオ燃料に期待、産総研、バイオブタノールの高効率精製技術を開発

野生の熊出没ニュースが多いような...


ケイエフはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。



東北関東大震災義援金




あわせて


posted by ケイエフ at 10:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック