2011年11月05日

そろそろ準備を!この冬は1073R-1乳酸菌でインフルエンザ予防

ヨーグルト  - 写真素材
(c) そよかぜストック写真 PIXTA


そろそろインフルエンザとか気になる季節。
今年はヨーグルトで乗り切ってみてはどうでしょ?

ロケットニュース24の伝えるところによりますと、佐賀県の小中学校で
一定期間1073R-1という乳酸菌が入ったヨーグルトドリンクを
登校日に1日1本摂取し続けてもらい、インフルエンザによる欠席児童数を
分析した結果、驚くほどインフルエンザ罹患率が低かったそうです。

カギとなった『R-1乳酸菌』とは、ガンや風邪を引く原因となる体の中で
悪さをする悪性の細胞やウイルスに感染した細胞を撃退する『NK細胞』を
活性化させる働きを持つものだそうです。

シイタケなどにもNK細胞を活性化させる物質は入っているそうですが、
大量に摂取しないと効果を発揮しないので、非効率。R-1乳酸菌の入った
ヨーグルトだと効率よく摂取できるようです。

ほほぉ〜、でどんなヨーグルトにもこの乳酸菌は入っているのか??と
思って調べてみると、現時点では明治ヨーグルトから出ている、まさに
”R-1”というヨーグルトしかないみたいですね。(私が調べきれてない
のかもしれませんので、各自ご確認を。)

ヨーグルトフォーラムなるサイトでもこの1073R-1乳酸菌の効果を詳しく
解説されています。
NK細胞ってなんじゃらほい?と思って調べてみると、ナチュラルキラー
細胞(頭文字とってNKですか...)というもので、がん予防などに
大きな力を発揮するまだまだ研究途上の細胞らしいです。

このNK細胞の活性化には、免疫プラザの説明によると

@喫煙をひかえる

A適度の飲酒を心がける

B質の良い睡眠をとる

Cムリのない適度な運動(歩く)をする

D笑う

E充分な休養などでストレスをためない

F体温を下げない

G薬・抗生物質を乱用しない

Hバランスの良い食事を心がける

I健康補助食品を利用する

だそうです。
これからの季節、是非NK細胞を活性化してインフルエンザやその他
病気にかからないようにしたいですね。


【関連記事】

インフルエンザ予防トローチ続報...なんと、早くも発売中止

季節の変わり目には、りんごがいいらしい

いつ発売?インフルエンザ予防に『食べる抗体』開発

ケイエフはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。





東北関東大震災義援金





あわせて
posted by ケイエフ at 13:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック