2011年11月08日

東名高速ののり面、津波時は避難可能に

地震対応_屋外篇海岸沿いは高台へ - イラスト素材
(c) ケイアールイラスト素材 PIXTA


一応決め事としておかないといけないんですね。
というか、これをしなければ避難経路が作れないか...

中日新聞の伝えるところによりますと、静岡、焼津両市は31日、津波の緊急
避難場所として東名高速道路ののり面を活用するための協定を、11月9日に
中日本高速道路の静岡保全・サービスセンターと締結すると発表した、そうです。

いやぁ、緊急時にはお約束も何も避難のためなら致し方ないのでは!?とか思った
のですが、高速自動車国道法は、のり面を含め高速道路に、人がみだりに侵入する
ことを禁じていることと、高さ約1・5メートルの鉄製フェンスがあるので、足で
蹴破る式の出入り口の新設を進めるには、お約束が必要になるわけですね。なるほど。

協定を締結する区間(静岡市駿河区の下り線6・8キロと、焼津市の上下線各5・6
キロ)ののり面を活用すると、場所によって海抜11〜22メートル地点まで避難
できる、そうです。

先の東日本大震災では、仙台市などを通る仙台東部道路ののり面に登って命を取り
留めた被災者がいたことから、要望が多々ありこのたびの協定締結の運びと
なったようです。

にしても、場所にもよるかもしれませんが、のり面って結構な角度だと思うのですが...
避難場所として活用していくなら、避難用の整備も必要かもですね。
弊社ではのり面工事の工法・部材を多数取り扱っておりますので、のり面工事の
際は是非宜しくお願いします(汗)。

【関連記事】

基準の見直し必要かも...紀伊半島豪雨の被害、県が把握の危険個所以外で土砂災害多発

未来ののり面屋さん!?中学生がのり面植樹の種子採取

戦後最大の土砂災害だった!台風12号による紀伊半島の被害

アールティーフレーム工法のコマーシャライザーを作りました!

今日は防災の日、なので関連記事いくつか

『キョロちゃんの防災の心得』が想像以上によくできていた。

なんと、土砂崩れで土砂が川を越えて対岸の民家に!新潟





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

緑の斜面の創作と防災に、イージーシェルフ工法 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー








東北関東大震災義援金






あわせて
posted by ケイエフ at 10:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック