2011年11月22日

太陽”甲羅”パネルも!?カニの甲羅透明化に成功 京大研究所

紅ズワイガニ ズワイガニ  - 写真素材
(c) KAZUストックフォト PIXTA


カニの甲羅を透明にしてなんの意味があるのか、と思いきや...
研究者ってやっぱり目の付け所が違うんですね。

毎日.jpの伝えるところによりますと、京都大生存圏研究所の矢野浩之教授
(生物材料学)は21日、カニの甲羅を透明にすることに成功したと発表、
したそうです。

記事によると、カニの甲羅は熱に強く柔らかな材料として、有機ELディスプレー
や太陽光発電の素材への応用が期待できるそうです。しかもガラスと違って
曲げることもできるそうです。

どうやらこの技術は甲殻類の甲羅だけでなく、将来的には植物繊維にも
利用できるだろう、バイオマス資源の可能性がさらに広がった、と
語っているそうです。

カニの甲羅をどうにかして利用してやろうという発想がまず一般ぴーぽーには
わかないですね(汗)。
一部サプリメント系には使われているようですが...

太陽光発電の素材に利用できるだろう、ということはこの透明な甲羅で
覆われた太陽光パネルとか??...まさか、ね...(汗)
カニやその他の甲殻類だけだと、そんなに数が取れないような気もしますが
植物繊維などにもこの技術が使えるとなると汎用性は広がりますね。
どんなものに利用されるのか、ちょっと楽しみです。

【関連記事】

小型ソーラーバッテリーの実力はいかに!?

コンビニ感覚で太陽光発電が買える!プリペイド方式の太陽光発電機

ちょっと心配...道路のり面に太陽光パネルを埋め込むためのブロック開発

人間は寒さに弱い?世界の住宅エネルギー消費動向

目指せ!宇宙太陽光発電所 京都大学で実験施設公開

ついにカイロまで...太陽光で充電できるカイロ発売

加速するか!?光の吸収率100倍の太陽電池開発 岡山大

この視点が大事、13歳が考えた画期的な太陽光パネルが話題





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

雑草の生えにくい自然土舗装材 『スタボン』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー










東北関東大震災義援金





あわせて
posted by ケイエフ at 09:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック