2011年12月07日

アマゾンが復活??熱帯雨林監視史上最低の消失ペース、らしい

アマゾン川ジャングル空撮 - 写真素材
(c) 画像素材 PIXTA


ときどきこんなニュースが出てきますが、それでもCo2排出量が吸収する
量を上回ってるってことですかね。

AFP BBニュースの伝えるところによりますと、アマゾンの熱帯雨林の消失ペースが
監視史上最小ペースで進んでおり、消失面積は前年より11%少ないらしいです。

これは喜ばしいことですね。ブラジルの科学技術相が『ブラジルにとって
偉大な勝利だ』とコメントしているようですが、アマゾンの熱帯雨林を
保護する施策でも打ったのでしょうか??

この発表の翌日の6日にはブラジル上院で、保護対象地域の縮小につながる森林法の
改定案が可決される見通し、なんだとか...

科学的にはどうなのか解りませんが、以前、どこかの学者さんおっしゃって
いたように、植物は環境的に負荷を与えると、がんばって生きようとするので
緑化が進む、みたいなことを言っていたような気がするのですが、実は
そうなんですかね??

あるいは、人間でも死ぬ前にめちゃくちゃ元気になるという不思議な現象が
ありますが、これがその前触れだったりして...そうだとしたら怖いですね。
ちなみに、同じAFP BBニュースに世界のCo2排出量が急増、という記事
あったりします。

このままアマゾンが復活傾向にあることを祈るばかりです。


【関連記事】

やればいいのに...エッフェル塔丸ごと緑化計画、報道されるも、パリ当局は否定

ダムと気候変動、環境保護団体がgoogle earth使い啓発

ほっこりニュース どんぐり貯金の季節『かしの木バンク』ピーク

猶予はたったの5年?Co2排出 IEAが危惧

未来ののり面屋さん!?中学生がのり面植樹の種子採取

ケイエフ、コスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法 推進開始 








東北関東大震災義援金



あわせて

posted by ケイエフ at 10:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック