2012年01月30日

効果は未知数!?でもやるのだ!餃子の王将 あの手この手の発電店舗開始

料理人 - 写真素材
(c) タカサンストックフォト PIXTA


効果は未知数だけど、やっちゃうこの関西のノリがいいですね。

yomiuri on-lineの伝えるところによりますと、「餃子の王将」で
知られる王将フードサービスが、換気扇から吹き出す強烈な風や熱など
中華料理店の特徴を生かした「発電店舗」を今年から展開する、そうです。

その発電方法が、いくつか記事に紹介されていますが、なかなか”科学”を
感じさせる面白い内容です。
例えば、
・排気用のフードに熱を電気に変えるパネルを張り付ける。
・換気扇の吹き出し口や敷地内に小型の風力発電機を置く。
・客がドアの前の踏み台に乗ると重みでドアが開閉する「節電ドア」を
 全国4店に設置しており、そのドアの上部にも小型の発電機を取り
 付けて開閉時に発電する。
などなど。

ただし、効果は未知数だそうです。(汗)
節電ムードが一向に払拭されない昨今、企業はあの手この手で省エネ努力を
しているわけです。なんだか、涙ぐましいですね。

中華料理の排熱でどれだけ発電できるのか?は、ちょっと興味深いところ
です。

【関連記事】

できたらすごい、『ゼロエネルギー校舎』全国で推進

要は湿気コントロール、エコ空調最前線

電波発電なる技術の開発が進行中、らしい。

あり?なし?MIT発、水と漂白剤だけでつくる照明

これでもか!?の発電・蓄電・省エネ技術



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player














あわせて
posted by ケイエフ at 10:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック