2012年02月14日

開発が進めばいいですね...雪発電と利雪



日本海側では依然、大雪が降っているようでほんとに大変だなぁと
思うのですが、この降り積もる雪をなんとか利用できないものだろうか?
と思っているのは私だけではないと思います。

そんなことを考えていたら、今朝のワイドショーで『利雪』という
話題に触れていました。

利雪とは、読んで字のごとく”雪を利用する”ということなんですが
よく知られているところでは雪室というのがありますね。

雪室というのは、冬に降った雪を保存して、夏にその冷気で冷やしたり、
冬に冷蔵庫がわりに野菜やコメを貯蔵するのに使うわけですね。

これが冷蔵庫で冷やすより野菜やコメの甘みを引き出してよいそうです。

今朝のワイドショーでやっていたのは、『雪発電』の開発が進められて
いるんだそうです。

富山大学地球科学科が開発を進めているようで、原理は大雑把にいうと
水力発電に近いもののようです。詳細を説明した動画がNHKのサイトに
あるようなのでご興味があればそちらでご覧ください。

ほかにも、これはどこだかよく分からないですが、youtubeにスターリング
エンジンを使った雪発電という動画がアップあれています。



いろいろ課題はあるようですが、こちらはどちらかというと冬に降った
雪を夏に利用しようという考えのようですね。

いずれにせよ、これだけ大量に降る雪を使わない手はない、と思って
しまうのですが、毎年一定量が確実に降ればいいですが、そこも未知数
ですしねぇ...ここ数年は予想以上に降ってるようですが...

雪を使ってエネルギーを生み出すいい方法、雪のいい利用法が開発
されるといいですね。

【関連記事】

土砂崩れや雪崩も注意!8日〜10日、日本海側また大雪の恐れ

触って明日の天気を”感じる”ガジェット【Cryoscope】

どうかしてるぜ!米東海岸が大雪 死者も...




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

環境・防災・リサイクルのケイエフです。 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー













posted by ケイエフ at 10:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック