2012年02月15日

世界初、メタンハイドレートの海底採掘試験開始

oilrig
oilrig / tsuda


いよいよスタートですね。
意外だったのは、海底からの掘削実験って世界初なんですね。

yomiuri on-lineの伝えるところによりますと、”燃える氷”として
知られる次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」の採掘試験に
向けた作業が14日朝、愛知県渥美半島沖で始まった、とのことです。

静岡県から和歌山県にかけての海域には、メタンハイドレートを含む
地層が広がり、日本で消費される天然ガス13年分の量が埋蔵されている、
そうです。

以前当ブログで取り上げたのが2009年で、そのときの記事には
2015年までに陸地と海洋で実験開始、と記しているのでちょっと早めに
着手できたということですね。

うまく採掘できて資源化できればちょっとは燃料費が下がりますかね?
とは言ってもこちらも枯渇を考えないといけない資源なので悠長に
構えてるわけにはいかないのですが...

早いとこ商業化されることを祈るばかりですね。

【関連記事】

『シェールガス革命』に揺れる米エネルギー事情と日本への影響

いよいよ実験開始、次世代燃料『メタンハイドレート』が日本を資源大国にできるか?

『燃える氷』連続産出実験に成功



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player













posted by ケイエフ at 09:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック