2012年05月24日

設置場所をマップ化してほしい!雷が落ちない避雷針【PDCE避雷針】



どれくらい国内に設置されてるんでしょうか?

DigiInfoTVで紹介されていたPDCE避雷針というのが、なかなかすごいです。
というか、”避雷針”という言葉どおり雷を避ける針になっています。

詳細は動画で説明されてるので、ご覧頂ければよくわかると思います。
動画は2分弱です。



普通の避雷針というのは、地面と雷雲の間で地面の電荷を拾って、放電をさせる
ようにできていますが、このPDCE避雷針は雷が落ちてくる時に、地面から上がる
お迎え放電を防ぐことによって、この装置の周辺に雷を落とさないようにして
いるんだそうです。

設置位置にもよるようですが、例えばコンクリート電柱の上にこれを付けて20mの
高さに設置すると周囲の半径100m以内には雷は落ちなくなるんだとか。
こりゃ、すごい...

しかし、この避雷針で自分ん家の被害を抑えたがゆえに、その近隣に落雷が
落ちてしまった、よって近所とトラブルになった!なんてことはないのでしょうか?
と思って、メーカーのサイトのQ&Aページを見てみると答えがありました。

詳細は同社のQ&A(Q11です。)をご覧頂ければよいかと思いますが、
雷の発生は確率的なので、実証はできないが、過去にはそのような事例は
起こっていない、とのことです。
(Q&Aには、もっと詳しく正確な情報があるので、ご確認ください。)

気になるお値段は200〜300万で、すでに商品化されており、50万円前後の価格で
家庭用や防災無線、屋外監視カメラなどに設置できる製品の商用化を考えている、
とのことです。

これを搭載した傘とか1万円弱ぐらいで作ったら、売れるかもですね。
牛久の大仏の頭に搭載済みだそうですが、街中にはないんですかね?
設置されてるところがマップ化されれば、雷のとき、その近くに行けば安心
ですもんね。

これから夏に向けて台風、ゲリラ豪雨シーズンとなるわけですが、街中に
これがあると安心できていいんですけどねぇ...

【関連記事】

やっぱり研究は進んでるんですね。大気電流発電とは!

雷から身を守る5つの方法




※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

もう手に刺さらない!トゲ無し玉掛ワイヤースリング by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー













ラベル:PDCE避雷針 防災
posted by ケイエフ at 09:16| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by ビジネスマナーの電話 at 2012年06月11日 19:12
コメント有難うございます。いつでも遊びに来てください。
Posted by KF at 2012年06月12日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック