2012年06月13日

これはひどい...高知県でクスノキやヒノキ、スギの大木が人為的に枯らされる被害が相次いでいる、らしい。

100_1801100_1801 / misawakatsutoshi


ひどい話ですね...

高知新聞の小社会というコラムに、最近、クスノキやヒノキ、スギの大木が
人為的に枯らされる被害が相次いでいる、という記事が書かれています。

その手口がかなりひどい。記事によりますと、ドリルで根元に十数カ所の穴を
開け、毒薬を注入するという悪質さ、だそうです。子供がちょっといたずらで、
というレベルではないですね。

中には神社のご神木として地域の住民らに古くから親しまれてきた大木も含まれて
いるんだとか。一体誰が、なんの目的でそんなことをするんですかね?

少し前、和歌山でも樹齢150年以上の杉に除草剤が注入されて被害に遭う、
というニュースも流れていたそうです。(記事はすでに削除されているようです。)

いずれにせよ、自分の所有物ならいざしらず、他人や国、行政の管轄のものなら
間違いなく犯罪なのでやめていただきたいですね。

【関連記事】

ナラ枯れ対策もホイホイで!アース製薬『かしながホイホイ』試験中

一石二鳥になるか?獣害対策にオニヒトデ置くだけ

樹齢1000年の横室の大カヤ、治療はじまる。

土ほぐし機 エアースコップ現場実稼働動画 2012年2月












posted by ケイエフ at 09:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック