2012年07月11日

フライトがキャンセルになった、その理由とは...

Hot day in the parkHot day in the park / mandus


先日ニュースで米国ワシントンD.C.で気温40度越えを記録したという
ニュースが流れていましたが(msn産経ニュース)、そんな米国のある日、
フライトがキャンセルされたそうです。その理由というのが、これ↓。



なんと...暑さのため、滑走路のアスファルトが柔らかくなり、飛行機の
車輪が滑走路に10センチも沈んでしまったんだとか...

らばQで紹介されていたこのニュース、記事によりますと、この状態から
飛行機を出すため、トラックを使って1時間以上かけて引っ張り出そうと
しましたが上手くいかず、荷物を取り出して機体を軽くし、エンジンを
点火してようやく抜けだせた、そうです。

なんとも恐いニュースですね...先のmsnの記事にも書いてありましたが
米国ではこの猛暑で死人が出た州もあるようです。

日本でも晴れた日には、気温が一気にあがり、熱中症で倒れる人がいますので
水分補給がいつでもできるようにナトリウム入りのドリンクを用意しておき
たいところですね。

ちなみに、今月2日〜8日に熱中症で病院に救急搬送された人は882人で、
前の週に比べ1.5倍に増えた、そうです(msn産経ニュース)。

【関連記事】

水が一番!熱中症対策の影に『ペットボトル症候群』という落とし穴、注意

熱中症対策奥義!”暑熱順化”とは...

カラダを冷やすテクニック&アイテム










posted by ケイエフ at 11:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック