2012年07月27日

理想的なスタイルが実現するかも...透明な太陽光パネルの試作に成功 米カリフォルニア大学

OBPの高層ビルに桜OBPの高層ビルに桜 / takamorry


問題はいかに発電効率を上げ、蓄電容量を増やすか、なんですけどね。

ロケットニュース24の伝えるところによりますと、米カリフォルニア大学
ロサンゼルス校の科学者が、新しいポリマー電池の試作に成功した、そうです。

このポリマー電池、66パーセントの透過率のパネルで、向こう側を透かしてみる
ことができ、太陽光を当てると4パーセントの変換効率で赤外線を電気に変える、
そうです。

ということは、将来的にこのポリマー電池を窓ガラスとか車のフロントガラス
とかに組み込めば、場所も取らずにいろんなところで発電できてしまうわけ
ですね。

まぁ、色んな部分で実用にはまだまだ先の話なんでしょうけど、問題はやはり
蓄電容量なんでしょうね。発電した電気をそのまま既存の電気システムに
流し込めるようになるといいんですけどね。

いずれにせよ、これが実用段階になると、太陽光発電の需要が一気に上がるかも
しれませんね。

【関連記事】

どうなることやら...太陽光パネルに暗雲立ち込めるニュース2つ

トレンドは設備シェア?太陽光パネルシェア事業 『相乗りくん』事業開始

安い?太陽光発電導入への新しいアプローチ『DMMソーラー』



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player










posted by ケイエフ at 09:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック