2012年08月22日

このリサイクルはちょっと...ペット遺骨が建築材料に、見直し検討も着地点見えず 横浜

鑽石山火葬場鑽石山火葬場 / minghong


ちょっと衝撃的なニュースですね...

神奈川発コミュニティサイトのカナコロで取り上げられていたニュースが
ちょっとびっくりです。
記事によりますと、横浜市の公営斎場で火葬されたペットの遺骨が、人知れず
建築材料に“リサイクル”されている、んだそうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、この背景には住宅事情や
核家族化など、色々事情はあるそうで、一応、飼い主に事前説明はされており
トラブルにはなってないようですが、やはり外部から問題視されることもある
ようで、見直しを検討する、という内容になっているようです。

どういう”建築材料”にリサイクルされるのか、よくわかりませんが、例えば
購入した、あるいは引っ越した先のマンションの壁が実はこういったペット
遺骨リサイクル材です、とか知ってしまったら、ちょっとしたオカルトですよね。

ペットを飼っていない私には、よくわからないですが、個人でペットの火葬とか
やると、アクセサリーにリサイクルして返してくれるサービスなどがあるそうで
そう考えると、そんなにおかしくもない??という意見もあるようですが...

ホラー映画じゃないですが、やはり、ペットであっても亡骸(なきがら)
というのは、ちゃんと土に還してあげないとダメなんじゃないですかね...

リサイクルも、扱うものによっては考えものですね。

【関連記事】

メキシコ発のWin-Winな企画がすばらしい、『Poo WiFi』

やっぱ作っちゃったのね、火葬熱温水プール完成 英国

災害時のペット対策義務化へ法改正 環境省

ご存知ですか?わんこの心肺蘇生法

死後の処理もエコ進む?液状化葬まもなく稼働(2011)

過ぎたるは及ばざるがごとし...火葬の熱で温水プールを 英国(2011)

ほかの動物でも応用可ならいいかも、わんこの○でガス灯(2010)

それはちょっと...火葬の排熱でエアコン 台湾(2009)





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

雑草の生えにくい自然土舗装材 『スタボン』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー













posted by ケイエフ at 09:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック