2012年08月23日

台風も同じ??ハリケーンが河口付近で勢力を増す理由

Hurricane Irene as Seen from SpaceHurricane Irene as Seen from Space / NASA Goddard Photo and Video


確か、台風もハリケーンも発生場所が違うだけで、中身は同じ
熱帯低気圧の強い奴だと聞いた記憶があるのですが...ということは
これ、台風にも同じことが言えますかね?

ナショナルジオグラフィックニュースに興味深い記事がアップされています。
詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ハリケーンが勢力を
増すメカニズムが解説されています。

記事の文書を引用させていただくと、
熱帯の温かい海水をパワーの源にして発達するのがハリケーンだ。しかし、巻き起こった強風が太陽で温められた表面の海水を下層に押しやり、冷たい海水と混ざると水温が下がり、ハリケーンは衰えてゆく。...(中略)...淡水は海水より密度が低いので、水に油が浮くように冷たい海水の上に淡水の層ができる。こうして淡水が“バリア”となり、ハリケーンの強風が吹いても、上下の海水が混ざり合わない。すると、ハリケーンはさらに熱を得て勢力を増すというわけだ。


幸いにして、日本には、海外ほどの大きな河川がないので、その影響は
大きくないのでしょうが、これをなんとかすれば台風の被害などを抑える
ことができるかもしれませんね。

でも、どうしたらいいのかは、わたくしのスカスカの頭では思いつきませんが...
記事には、この研究が進めば、避難するための時間を稼げたり、被害を抑える
対策につながるかもしれない、と括っています。
是非、研究を進めてほしいところですね。

【関連記事】

雨の動きが1分ごとに見られる【XバンドMPレーダ雨量情報】

ウェザーニュースによる2012年の台風傾向

台風はなぜ左回り?...と、コリオリの力

まるでトレーラーがゴミのよう...米ダラスの竜巻がすごい...




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

循環型社会の構築に向かう、植物誘導吹付工 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー











posted by ケイエフ at 09:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック