2012年09月03日

寿司好きには耳の痛い話?WWF『寿司(さかな)ガイド』をリリース



個人的には、さほど寿司が好きなわけでもないのでどうってことないんですが、
マグロとか大好きな方にはちょっと耳の痛い話になりますかね?

アドタイの伝えるところによりますと、WWFジャパンが、一般の生活者を
対象に、水産業が環境に及ぼしている影響を説明し、なるべく環境への負荷の
少ない魚介類を選ぶことを推奨するパンフレット『寿司(さかな)ガイド』を
リリースしたそうです。

この、折りたたんで財布に入れることもできる小リーフレットは、Webから
PDFファイルでダウロードできるほか、スマホからも閲覧することができ、
さらに送料を払えば無料で印刷物送ってももらうこともできるようです。

取りすぎて枯渇が懸念される魚介類や、養殖物でも餌を与えすぎたりして
生態系に影響を与えるようなものは、できるだけ食べないで、ということを
啓発する内容になっているようです。

こういうのって、毎度思うのですが、店頭に並んでれば誰だって気にしないで
買っちゃいます(寿司屋なら食べちゃう)よね。
ほんとに危機的状況なら、国際法で制限するとかの手段を取ればいいのに、と
思ってしまいます。

需要が無くなれば儲からないから、獲らないだろう、というところなんで
しょうが、寿司なんて元々高級品だし、回転寿司で流れてくるネタなんて
ほんとにマグロかどうかも怪しかったりしますしね。元々、本物なんて
ほとんど使ってなかったりするんじゃないでしょうか?
(キャンペーンの時は、すごくリーズナブルに本物が出るようですが。)

逆に本物を食べたいお金持ちは、大枚はたいてでも手に入れるでしょうし。
まぁ、そんなことを言ってしまっては身も蓋もないんでしょうけど...

魚にもエコラベルというものがあるんですね。この冊子を見て初めて
しりました。MSCマークというんだそうです。今度買い物に行ったら、そんな
シールがついてる魚があるのか見てみよう。

養殖物もダメと言われるとちょっとねぇ...お寿司大好きな方は、一度
ご覧になってみてはどうでしょ?

【関連記事】

魚糞をリサイクルして野菜を作り、熱帯魚鑑賞できる【アクアポニックス】

なんと100倍!海の酸性化が急速に進んでいるらしい。(2010)

海中の天候不順?和歌山串本沖の漁場に異変(2010)










posted by ケイエフ at 13:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック