2012年09月04日

これはほしいかも!水と塩さえあれば発電、USBへの充電も可能なLEDランタン



防災グッズが充実してきてますねぇ。これはちょっとほしいかも。

CNET Japanの伝えるところによりますと、グリーンハウスが9月3日、
水と塩で発電するLEDランタン「GH-LED10WBW」を発表した、とのことです。

記事によりますと、このLEDランタン、
マグネシウムの金属棒を装着し、マグネシウム(−)と炭素(+)の間に、電解液となる塩水を入れることでイオンが溶け出し、−から+に移動し電気が発生する仕組み

だそうで、金属棒1本で最長約120時間の使用が可能、8時間毎に塩水を交換
する必要があるそうです。

海水の利用も可能で、金属棒は取り替え交換可能となっていて、さらに本体と
付属のUSBケーブルを繋げば、USB機器への充電も可能らしいので心強いですね。
何より電池いらずで発電できるのはありがたいですね。
でも、お高いんでしょ?...と思ったら、3980円となかなかリーズナブル。

防災グッズとして常備しておくのもよいですし、アウトドア大好きな方なら
キャンプなんかでも使えそうですね。

最近ではモバイルバッテリーの大容量のものも3000円前後で買えるレベル
までになっていたりして、防災グッズはなかなか充実してきましたね。

【関連記事】

非常用水は年間14億円分、賞味期限切れしてる!?、らしい。

省エネと防災を兼ね備えた画期的なチャリンコ【PureFix Cycle】

やはりリモコン系が一番いいかも。【Bluetooth Bulb】




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

環境・防災・リサイクルのケイエフです。 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー












posted by ケイエフ at 10:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック