2012年09月27日

えーと...エコで省エネなんですが...【Exhaust Burger】



えぇ...と...まぁ、すべてのアイデアはまず否定してはいけないのですが...
なんか食欲が削がれますよね...^^;

Japan Internet.netで紹介されていた【Exhaust Burger】がなかなか強烈です。

どういう商品かというと、(というかまだコンセプトですかね?)自動車の
排気管に取り付ける調理器具で、自動車の排気熱を利用して肉が焼けちゃうよ、
しかも、排気ガスは肉と分離したところを通るから安全だ!という商品だ
そうです。



この調理器具を開発したのは、イランのRoohollah Merrikhpour 氏をはじめと
する発明グループだそうで、この人たちの主張としては、
自動車の排気ガスは、再利用されることなく大気中に排出されている...中略...Exhaust Burger に肉やパティを入れて自動車の排気管に取り付け、自動車を走らせれば、その排気熱で肉を焼くことができる。このとき、余計な燃料や電気は不要なので、環境に負荷をかけずに調理が可能となる。


だそうです。
まぁ、確かに余計な燃料や電気は不要かもしれませんが、できれば自動車の
排気ガスをなんとかするほうに目を向けたほうがよいのではないかと...

さらに同製品のデザイナーは、
運転中に空腹を感じたら、マフラーに Exhaust Burger を取り付け、しばらく運転を続ければればよい。ほどなく、ハンバーガーが焼き上がる。Exhaust Burger を使えば、通勤するだけで、余計な燃料を一切使わずに調理が可能になり、エネルギーの大幅な節約が可能となる


とコメントしているそうです。
なんか、ドヤ顔で腰に手を当てた、欧米のコメディに出てきそうなおっちゃんの
イメージが脳裏に浮かぶのですが、同時に日本のテレビでもときどき紹介される
”街の発明家”と言われる人たちが、”それはワシのアイデアじゃ!”とどっかで
言ってそうな気もします。

商品化されたら買います??

【関連記事】

これはおもしろいかも、その日の天気予報を焼き付けてくれるコンセプトトースター

電気を使わない電球『節電球』、商品化決定、カメヤマキャンドルハウスより

電車のウラ技!?『回生電力』で省エネ作戦 JR東日本




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player












posted by ケイエフ at 09:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック