2012年10月17日

物欲刺激MAX!?自走式Webカメラが諭吉1.5人ぐらいで売られている。



お父さん、えらい時代になりましたで。
AKIBA PC Hotlineというサイトを見ていたら、『Rovio』なる自走式ロボットが
15,800円で売られている、という記事を見つけました。

実はさほど新しいものでもなく、探せばASCII.jpデジタルで2009年に紹介
されてるんですね。

この自走式ロボット『Rovio』、記事によりますと、無線LAN(IEEE 802.11b/g)経由で
PCから操作できるほか、無線ルータなどを追加することでインターネット経由で遠隔地
からも操作できる、そうです。

さらに、前部にはWebカメラ(VGA解像度)やマイク、スピーカー、LEDライトなどを
備えている、ので、遠隔で会話もできちゃうんですね。こりゃすごい。

ASCIIの記事によると、電池切れが近くなると、充電ステーションに勝手に戻って
充電してくれるそうです。その場合、ステーションから天井に向けて出る赤い
ビームで位置確認しているようですね。これまたすごい。
(オフィシャル動画だと、この赤いビームとマシンの間に遮蔽物があると
 よろしくない、というような動画が...)

どんなふうに動くかは、あきばお〜のサイトに貼ってあった動画を貼っておきます。



上記動画を上から撮影したのが、これっぽいですね。



これ、オフィシャル動画


ちょっと広めのリビングとかある家なら、外出先からペットの留守中の動向や
防犯に役立ちそうですね。

こんなもんが1万5千円強レベルで買えるって、すごい時代ですねぇ。

【関連記事】

ついにここまで来たんですねぇ。日産 スマホ連携の自動駐車・自動運転デモ

【速報第二弾】セーフティークライマー工法、建設技術フォーラム、プレゼンブログラム決定

そんなに安いの!?ネットワークカメラFS-IPC100というのがすごい。

やはりリモコン系が一番いいかも。【Bluetooth Bulb】










posted by ケイエフ at 13:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック