2012年10月31日

ハリケーンレベル最低のサンディが巨大化した理由



ハリケーンのレベルとしてはもっとも弱いと言われた、サンディが米国東海岸で猛威を
ふるい金融市場まで混乱させる事態となったわけですが、なぜ巨大化してしまったのか、
yomiuri on-lineで解説されていました。

記事によりますと、サンディは、北米大陸の東側を北上、西側から接近した冬の低気圧に
引き込まれて合流、さらに、北のカナダから南下してきた冷たい空気とも一体化し、
巨大化した、んだそうです。

さらに、被害が大きくなった理由としては、人口が集中する米東海岸沿いを進んだことも
その理由のひとつだとか。
運が悪かったと言ってしまえばそれまでなんですが、進んだ方向が悪かったというわけ
ですね。

テレビの報道で言ってたのは、ニューヨークはマンハッタン島というまさに島に
あるので、島をつなぐ交通機関が麻痺すると物資を運び込むこともできず、被害への
対応も遅れると言ってました。

さらに今回は電力会社の敷地内で爆発が起こり、停電となったのであちこち影響が
出るハメになったわけですね。特に金融市場への影響が大きいようで、今後日本の
株式市場にも影響が出るようです。

島国である日本は、今回の状況から色々対策に学べることがありそうですね。

さて、そんなサンディによる被害画像があれこれネット上にアップされてるよう
ですが、巧妙にコラージュされた偽画像も出回っているようで、the Atlanticという
サイト
にその真偽判定が掲載されてます。

道路にアザラシがいるとか、浸水した道路にサメが泳いでるとか、コラージュを
通り越してネタか!?というものまで、もうめちゃくちゃですね^^;。
騙されないようにしましょう。

ちなみに、当記事のトップで使わせて頂いたハリケーンサンディの画像、
なかなかユニークでしょ?Movielineというサイトで紹介されていたので
使わせて頂きました。ちなみに、映画【グリース】のサンディらしいです。
女優さんは、オリビア・ニュートン・ジョンですね。

【関連記事】

台風も同じ??ハリケーンが河口付近で勢力を増す理由

台風はなぜ左回り?...と、コリオリの力



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player











posted by ケイエフ at 10:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック