2012年10月31日

ほんまですか?月がいつもより大きく見える理由は...



なんだか、にわかには信じられないのですが...ほんまなんですかね??

ときどき夜空を見上げて月をみると、いつもより大きな月が出ているときが
ありますね。
あれは、目の錯覚だとGizmodo Japanが伝えているのです。

その根拠となる動画がこれなんですが...



これは、原理的には、Ebbinghaus Illusionという、記事トップの画像のような
錯覚と同じで、Moon Illusionと呼ばれる錯覚現象だそうです。

つまり、やけにでかい月だなぁ、と思って見ている月は、実際、いつも見てる月と
同じで、なにも地球との距離が延びたり縮んだりしているわけでもなく、また
気象条件とかによるものでもなく、ただの目の錯覚だというわけです。

周りにあるものの作用で錯覚しているというわけです。
うーむ...なんか納得がいかないのですが...ほんとに錯覚なんですかね?

【関連記事】

またまたやってくる!しかも今週末!Supermoon

スーパームーンの影響?厳島神社が高潮で冠水(2011)













posted by ケイエフ at 13:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック