2013年01月30日

密林をハイテク武装、アマゾンの違法伐採を無線追跡装置で追跡 ブラジル政府

Amazon RiverAmazon River / Shaan Hurley


先日テレビだったかで、サイの角にも無線チップ埋め込むとかやってたなぁ...

スラッシュドット・ジャパンの伝えるところによりますと、急速に進むアマゾンの森林
伐採に歯止めをかけるべく、ブラジル政府が樹木に「Invisible Tracck」と呼ばれる無線
追跡装置を取り付け始めた、そうです。

さらに詳細が記事にありますが、
樹木が違法に切り倒されると、運搬中に切り倒された樹木が携帯電話網から半径 32 km 以内に入ったときに、追跡装置のスイッチが入り、ブラジル環境再生可能資源院 (IBAMA) に信号を送ることになる

そして、製材所まで樹木を追跡することが可能となる、んだそうです。

同記事の元記事によりますと、この「Invisible Tracck」なる装置は、ブラジル企業の
Cargo Tracksが開発、オランダのセキュリティ会社Gemaltoによって運営されるそうで、
一年間電池が持つんだそうです。

こういう活動がなされている、と周知するだけでも違法伐採や密猟に歯止めをかけられる
ので、よいですね。最近はスマホの普及でWifiデバイスが安くなっているそうなので
導入しやすくなりますね。

【関連記事】

巨大樹木消失で連鎖絶滅の可能性も...世界の巨大樹木消失ペースがアップしているらしい。

リサイクルの発想もユニーク ロッテルダム発の【水上に浮かぶ森】

まだまだ謎が多いなぁ...プラスチックのないアマゾンの密林でプラスチックを食べるキノコ見つかる





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

循環型社会の構築に向かう、植物誘導吹付工 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー










posted by ケイエフ at 09:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック