2013年02月18日

国道418号で土砂崩落、道路ふさぐ 長野



雪解けにはまだ早いと思うのですが、土砂災害がちらほらニュースに
上がってますね。お気をつけください。

中日新聞の伝えるところによりますと、天龍村神原足瀬の国道418号で十一日、
のり面の土砂約二百立方メートルが崩落し、道路を完全に覆う事故が発生した
ようです。

管理する県飯田建設事務所下伊那南部建設事務所は全面通行止めにしたが、
現場の土砂はまだ不安定で、復旧の見通しなどは立てられない状況、だそうです。

災害当初、村営バスの運転手が発見、村役場を通じて建設事務所が確認した
そうで、巻き込まれた車両等はないようです。

しかし、同事務所の目測で高さ二十〜三十メートル、幅十五〜二十メートルで崩れ、
十二日も小規模な崩落が続いている、と記事は伝えています。

長野県飯田建設事務所のサイトに道路状況の案内ページがあるのですが、この
管轄区は結構な箇所が通行止め、または通行規制があるようですね。
通行制限箇所図がPDFファイルで見れます、ちなみに、上の画像はその
 PDFからキャプったものです。)

このところ、春の兆しと言いますか、天気が日単位で変わりやすくなっていると
昨日天気予報が言ってました。

まだ当分そうでもないとは思うのですが、雪が積もった地域に雨とか降ると
雪崩や土砂災害が発生しやすくなりますよね。

山間部を通行される場合、あるいは、山間部にお住まいの方は、十分注意
しましょう。

【関連記事】

トンネル受難の年...新東名トンネル工事中、土砂崩れ 作業員一人死亡

土砂あげます!無料で!...国交省菊池川河川事務所

「土砂災害発生警報」新設へ 気象庁、国交省など






posted by ケイエフ at 09:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック