2013年02月26日

まだまだ寒いが注意が必要、”こたつ寝”で起こる5つの症状

こたつで暖まる3匹こたつで暖まる3匹 / Norisa1


元祖ダメ人間製造機と言っても過言ではない、冬の日本の秘密兵器こたつ。

一度入ったら、もう出られない、というゴキブリホ○ホイのほうな暖房器具は、
今や海外の方にも高い評価を得ているようですが、暖かいので、ついつい
うとうとしてしまいますね。

しかし、そんな”こたつ寝”で起こるいくつかの危険な症状についてWooris
紹介しています。

脱水症状やそこからくる便秘あたりは、想像がつきそうなもんですが
脳梗塞という死に至る病まで引き起こしかねない、と記事は注意しています。

「こたつで脱水症状が起きると、実は血管からも水分が失われます。つまり、血液の粘性が増加し、どろどろになるのです。

ということなので、これは怖いですね。

こたつでよくうたた寝してしまうヒトは、読んでおいたほうがよいかも。
ホットカーペットで布団かけてごろ寝してるヒトなんかも要注意ですね。

冬場はそれでなくても空気が乾燥してますし、コタツは暑くなったから
といって、寝てしまっていてはすぐに脱出することもできないので、
風邪を引く原因にもなります。注意しましょう。

【関連記事】

ほんとは怖い【隠れ冷え性】、その傾向と対策

雪解け季節をさわやかに迎えるために!ゴキブリ対策あの手この手










posted by ケイエフ at 13:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック