2013年04月08日

春の嵐で被害続出...各地で融雪も絡む土砂災害発生。

storm 080828 #5storm 080828 #5 / tsuda


大阪も結構風はすごかったですが、関東以北はかなりひどかったようですね。

先週末、急速に発達した低気圧の影響で全国各地で土砂災害などが発生したようです。

NHKニュースの伝えるところによりますと、6日午後8時半すぎ、新潟県妙高市の
JR信越線の妙高高原駅と関山駅の間で、下りの普通列車が線路に流れ込んだ土砂に
乗り上げ、6両編成のうち先頭車両の前側の車輪が脱線した、そうです。

また、日テレニュース24の伝えるところによりますと、6日の雨の影響で、
掛川市や島田市では土砂崩れも確認されていて、掛川市では土砂に突っ込んで
動けなくなる車もあった、そうです。

さらに、yomiuri on-lineの伝えるところによりますと、横浜、秦野市、大磯町などでは、
がけ崩れや土砂崩れが計17か所で発生、平塚市では、河川の水位上昇で約1万5000
世帯に避難勧告が出た、とのことです。

今朝、先週末の春の嵐のニュースをやっていましたが、この時期の、いわゆる”メイ・
ストーム”といわれる春の嵐は、冬の冷たい空気と暖かい空気をちょうどいい感じで
混ぜてくれるものなので、仕方ないというか昔からあるものだそうです。

ただ、ちょっと内容的には激しくなっているような感じはしますが...
本日も、件の低気圧は北海道の横にあり(tenki.jp)北日本を中心に8日も風の強い
状態が続く見込みで、暴風や高波に警戒が必要となる、とFNNニュースは伝えています。

北日本では昨年末から今年にかけて大雪になったところも多く、一気に融雪が
進んで土砂災害の危険性が高まるかと思います。

突風や高波にも注意が必要ですが、豪雪地帯はで融雪による土砂災害にもご注意
ください。

【関連記事】

うまくいくか!?...職人の賃上げ要請へ 国土交通省

国交省開発中の『大規模土砂移動検知システム』 伊豆で導入準備

こんな春近しのサインは嫌だ...雪解けが原因と思われる土砂崩れ、民家に流入 福島

あわや大惨事、五能線で土砂流入、列車緊急停止 青森







posted by ケイエフ at 09:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック