2013年06月20日

加減というのがないんですかね...日本海側で大雨、さらに週末にかけて注意必要



雨乞いしないといけないほど、空梅雨じゃないか?と言っていたら
このありさまです┐(´д`)┌。

毎日.jpの伝えるところによりますと、日本列島は19日、梅雨前線が停滞した影響で
日本海側を中心に大雨となり、石川県や富山県で崖崩れや河川の氾濫が発生している
模様です。

さらに記事によりますと、大阪管区気象台によると、24時間降水量は石川県七尾市で
219ミリ、島根県益田市で204ミリとなり、いずれも観測史上最大を更新、
西日本では20日も梅雨前線が停滞する見通しで、河川の氾濫や土砂災害への警戒を
呼びかけている、とのことです。

今朝のワイドショー情報によりますと、この大雨は、梅雨前線に大陸のほうから
伸びてくる”湿舌”というものの影響だそうです。
”湿舌”とは、簡単に言えば水蒸気の塊だそうです。詳細はtenki.jpや気象庁に
説明があるのでご覧ください。(気象庁はPDFファイルです。

この”湿舌”に台風4号からの、さらに暖かく湿った空気が今後流れ込むことが
予想されるそうで、各地でさらに大雨になることが予測される、そうです。

週末にかけて、台風4号が嫌がらせのように西日本から中部地方を横断するよう
なので、土砂災害や河川の氾濫に十分注意しましょう。

無用な外出は控え、可能であれば山間部や河川には近づかないようにしましょう。
山間部にお住まいの方は、地域の防災情報をこまめにチェックして、いつでも
避難できるよう情報に注意を払いましょう。

それにしても、加減というのがないんですかねぇ...雨は降ってもらわないと
困るんですが、もちっとダラダラしとしと降って欲しいですよね。

【関連記事】

信じるかどうかはあなた次第...雨乞い神事で本当に雨降る。

空梅雨気味だし、水分補給を...熱中症で救急搬送急増中

台風3号発生、12日以降に西日本接近の可能性も。

早くも黄信号??利根川水系ダム貯水量が過去最低

6月は土砂災害防止月間および環境月間です。

今年の梅雨は早入りで長め、土砂災害に注意 ウェザーニュースが予想







posted by ケイエフ at 09:54| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック