2013年07月05日

エコなだけじゃないのかも...amazon物流センターが除草作業にヤギ採用

森林公園にいた黒ヤギ森林公園にいた黒ヤギ / shugo.maeda


ヤギ除草のニュース、定期的にあちこちで流れますが、エコってだけじゃ
ないのかも、ですね。

IT media ニュースの伝えるところによりますと、アマゾンジャパンは、
Amazon.co.jpの物流センターの1つ「多治見フルフィルメントセンター(FC)」
(岐阜県多治見市)で7月2日から、ヤギによる「エコ除草」を試験的に始めたと
発表した、とのことです。

以前、当ブログでも牛除草ヒツジ除草のニュースを取り上げましたが、
おおむね、これらの動物系除草は、ヤギやヒツジの体調や天候に食量が左右されたり
お腹いっぱいになったら、もう働いてくれない、などの理由で難しい部分がある
ようですが、それでもこの手のニュースは定期的にあちこちで流れますね。

こういった動物系除草の魅力がどこにあるか、あちこちの記事を見ていると、
どうやらCo2排出量を抑えてエコだというだけでなく、ほかにも色々な部分でメリットが
あるようです。

WebR25の昨年の記事で、シカゴのオヘア国際空港がヤギ除草を導入した記事に
以下のような導入理由が掲載されています。

(1)機械と違って排気がないため環境に優しい、
(2)人間を雇うよりコストが安い、
(3)除草剤が不要になる、
(4)糞が自然の肥料となる、
など様々な利点を挙げています。しかもヤギは人間と違って、休みを要求したり、給料を上げろと文句を言ったりしませんから。


なるほど。そして、amazonの場合も、社員に癒しを、という目的もある、と
記事が伝えています。

経費節減や癒しという部分でも貢献できるというわけですね。
日本の場合、いっそのこと、ヤギやヒツジではなく食害で問題になってる
シカに働いてもらったらどうですかね?

捕獲にはお金がかかりますが、労働力という意味ではタダだし...
ダメですか??

上記の内容とは関係ないですが、記事によるとamazonにはペットの病気やケガで
ケアが必要になった場合休暇を取得できる「ペット休暇」なるものが存在する
ようです。

これって、有給とか忌引とかとは別に、ってことですか??
もしそうならすごいですね。^^;

【関連記事】

仏人も発想は同じなのか...パリ公文書館、生物芝刈り機 ”ヒツジ”導入

実は密かに動物系ブーム?雑草駆除に今度は牛 山梨

侮れない牛産ガスを抑制したら、牛が健康になって管理費減でウハウハになったでござるの巻。

恐竜のおならが原因??地球温暖化の最新研究...








posted by ケイエフ at 09:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック