2013年07月19日

今年はさらに増量!?...ゲリラ豪雨、前年比3.5倍発生予測 ウェザーニュース





外出すれば、どっかでゲリラ豪雨にぶち当たるわけですね...
東北方面は、昨日もえらいことになったようですし。

ハザードラボの伝えるところによりますと、ウェザーニュースがこの夏のゲリラ豪雨予測を
発表しているそうです。

記事によりますと、全国平均で、この夏のゲリラ豪雨が前年比3.5倍増になると予測。
個々の地域の予測が掲載されていたので、引用させて戴くと、
各地方の発生回数の予想は以下の通り。( )内は前年比。

 関東甲信 250回(3.2倍)
 近畿    200回(2.1倍)
 東海    200回(1.9倍)
 九州    180回(4.9倍)
 東北    170回(5.3倍)
 中国    170回(2.9倍)
 北陸    160回(3.6倍)
 北海道   120回(3.3倍)
 四国    120回(5.3倍)
 沖縄    100回(3.7倍) 

ということになるそうです。
同発生回数予測は、7月下旬から9月末までの間の予測らしいので、
約2ヶ月でこれだけのゲリラ豪雨が発生する可能性があるという
わけです。

鞄の中から折り畳み傘が抜けそうにないですね。
ゲリラ豪雨の発生率が上がるということは、土砂災害や河川の氾濫などの
危険率も上がるわけです。

8月中旬まではそうでもないようですが、8月中旬以降に増加傾向にある
ようですから、お盆の時期は微妙ですね。
お盆を外して墓参りとか考えている方は、前倒ししたほうがよいかもです。

嫌ですねぇ...まぁ、雨も降らないと困るわけですが、ゲリラ豪雨は勘弁
してほしいですね。

一方、今朝のワイドショーで言ってましたが、利根川水系のダムは依然、
渇水が続いているようで、こちらはもっと雨が降ってもらわねば、という
状態のようです。

【関連記事】

怖ぁぁぁぁぁぁ...電線に雷が落ちたら...

先週末、中国・東北地方で大雨、土砂災害も。

14日のゲリラ豪雨&落雷が堺市狙打ちだった件【2012】

早い!直感的!ゲリラ豪雨や竜巻を10秒で3次元観測できる『フェーズドアレイ気象レーダ』開発【2012】









posted by ケイエフ at 09:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック