2013年07月24日

砂には砂を!?水をはじく砂で砂漠緑化 パナと京大

沙坡头 Shapotou 沙波頭 200808沙坡头 Shapotou 沙波頭 200808 / Dayou_X


砂漠緑化の技術が色々出てきてるようですね。
近年の地球温暖化と夏の渇水などを考えると、砂漠と言うまでもなく日本の
国内でも必要になるかもしれません。

yomiuri on-lineの伝えるところによりますと、パナソニックと京都大学は、水をはじく
特殊な処理をした砂を使い、雨が少ない乾燥地帯でも農業ができる世界初の技術を開発
した、とのことです。

記事によりますと、この技術は炊飯器の内釜などを表面加工する技術を応用し、
水は通さずに空気だけを通す砂の層をつくることに成功、地面に染みこんだ
雨水の大部分を回収して再利用できるほか、塩分を含んだ地下水の土壌への
浸入も防げる、んだそうです。

以前、小太郎ブログでみた『magic sand』とは原理的にも違うんですかね?

アメリカやオーストラリアなんかでも、毎年日中の気温が50℃越えの日が少なく
ない近年、農作物や森林への影響も深刻となるので、少ない雨や水を有効活用
できるようなものがあると、対応できるのでよいですね。

ちなみに、幸いなことに7月下旬から8月上旬にかけては、ちょっとばかり
日本は雨が降るようなので、水不足が不安視される関東の水瓶も、多少潤うかも
しれません。(yahooニュース)

【関連記事】

砂漠植物はどM?二酸化炭素増加で砂漠が緑化されているらしい。

夢はアフリカの砂漠を緑化 人工土壌開発 神奈川の企業

漢方薬作って砂漠を緑化 モンゴルで栽培成功 九州大大学院工学研究院グループ(2012)

液体炭酸で人工降雨に成功 筑波大チーム(2012)










posted by ケイエフ at 09:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック