2013年08月29日

地球のおむつか??オーストラリアで豪雨となると、世界の海面が7mm下がるらしい...

Sunrise - Gippsland Lakes - Melbourne AustraliaSunrise - Gippsland Lakes - Melbourne Australia / PEHx2


オーストラリアというのは、そんなにドライなんでしょうか...

Wire.jpの伝えるところによりますと、2010年と2011年にオーストラリアで洪水を発生
させた豪雨が原因で、世界の海面が7mm低下したという研究結果が発表された、そうです。

一体、これはどういうことなのか?というと、詳細は記事を読んで頂ければよいかと
思いますが、通常、大地に降り注いだ雨は川となって、海に流れ込むというふうに
想像しますが、オーストラリアでは事情が違う、らしいのです。

記事によりますと、オーストラリアでは内陸部に広がる、砂漠を中心とする広大な人口
希薄地帯に降る雨は、海へは流れず、浅い内海に集まって蒸発することが多い、そう
です。

その結果、オーストラリア大陸の「広大な無河流域と内陸湖」が雨水をすべて吸収し、
世界全体の海面低下を招いた、と今回の研究の発表だそうです。

にしては、オーストラリアってよく干ばつ状態で砂漠化が進んでいるとか、たまに
聞きますよね。...広大な大陸なだけに、場所によって違うということでしょうか。

それにしても、規模が違いますね。世界の海面を7mm下げてしまうほどの吸収力とは。
まるで紙おむつみたい...オーストラリアから蒸発した水蒸気はどこにいくんですかね。
南半球でぐるぐる回ってるんでしょうか...

【関連記事】

もはや忍術...『火災旋風』なる現象があるらしい。

ジョーズならぬ...波の花で埋もれた街で突然車が浮上するびっくり映像

なんだかもう...怖い...豪州、熱波で起こった巨大砂嵐が不気味

日常生活に支障ありあり...気温が50度を越えてる豪州








posted by ケイエフ at 09:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック