2013年10月25日

信頼できそう...米海軍発の台風情報【JCWT】が見やすくてよい、らしい。





日本の気象情報機関や民間企業の精度もなかなかのものですが、プロも御用達の
米海軍発の『米軍統合台風警報センター』(JTWC)が見やすくて、なかなかの
信頼度を誇るよい情報源だと、ガジェット通信が紹介しています。

記事によりますと、同『米軍統合台風警報センター』(JTWC)は、ハワイにある
米海軍の機関が発信する台風情報で、6時間ごとに更新される台風の進路予想と、
風速18m/s以上の暴風域の予想範囲図がわかりやすいと好評、気象予報士だけでなく、
船舶・航空会社や漁師さん、はたまた、ビッグウェーブを探してるサーファーの
おにぃやんまで活用してるそうです。

当然サイトは英語なんですが、なんとなく、台風の号数とかニックネームでどの
台風のことか、わかりますよ。
(あら?ページトップの台風が26号になってるんですが、フランシスコと
 あるので、間違いですね、27号ですよ。)

ページの中の”TC Warning Graphic”というリンクを開くと、進路予想図が
出てきます。
”Google Earth Graphic Overlay ”というリンクをクリックすると、KMLファイルを
落とせて、Google Earthにデータを重ねて、グリグリ動かしたりもできるんだそう
です。そりゃ、すごい。

表示されている時間は協定世界時。+9時間で日本時間になるんだそうです。
記事に、
米軍が自国の兵士の命を守るために発表している情報なので、こちらも十分信頼できると言えるでしょう。

という一文が非常に説得力がありますね。

今後の台風情報チェックのひとつして、覚えておいて損はないですね。

【関連記事】

もはやどこで記録的豪雨になってもおかしくない状況 台風27号、週末本州接近の恐れ

これは酷い...1960年8月23日の『五輪台風』が日本いじめ状態

もう、どうしろと...台風27号発生

またか...台風26号、水曜日から東海、関東へ接近か








posted by ケイエフ at 13:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック