2013年10月28日

視覚化されると、やっぱ怖い...google製サイバー攻撃マップ



つい先日も某ネット通販サイトで不正アクセスがあり、クレジットカード情報を含む
顧客の個人情報が最大約15万件流出した可能性がある(msn産経ニュース)、という
ニュースが流れましたが、ネットサービスをあれこれ利用するのが日常となった昨今、
サイバー攻撃は対岸の火事ではありません。

TABROIDで紹介されていたのですが、Googleが、そんなサイバー攻撃を地図上で
視覚化した『デジタル・アタック・マップ(Digital Attack Map)』を公開した、
とのことです。

上図に貼り付けたのが、そのデジタルアタックマップ。
記事によりますと、これは世界中で行われているサイバー攻撃のなかでも、代表的な
手法のひとつ『DDoS攻撃』をリアルタイムに可視化したもの、だとのこと。

カーソルをアニメーションしているところに当てると、詳細なデータが表示され
ますが、その内容は少々専門的な知識がないと難しいかもです。

しかし、この地図だけでも十分サイバー攻撃が日常的に行われているのがわかりますね。
ネット周りのセキュリティは、しっかりやっておきましょう。
トチ狂ってもパスワードに”1234”とか使わないように。

【関連記事】

知らなかった...お手軽記録メディア破壊法

再認識しておこう...スマホの盗難・紛失対策の落とし穴

【注意喚起】フィッシングメールが来たかも...








posted by ケイエフ at 13:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック