2013年10月30日

Google災害情報マップが見やすいと話題です。




Googleが公開している、災害情報マップが見やすいと話題です。

この情報マップ、災害情報だけではなく、交通情報や天気、さらには過去の
被害状況まで確認できるようです。

例えば、先日の伊豆大島の被害状況の画像が同マップで見ることが出来ると、
Japan Internet.comで紹介されています。

やり方がよく解らなかったので、あれこれいじってみたのですが、先日の
伊豆大島の被災情報の場合は、

1.地図上で、伊豆大島にズームインする。

2.右側のサイドメニューの下のほうにある【過去のデータ】にチェックを
  いれ、さらにそのサブメニューの”2013”にチェック入れる。

すると、地図にカメラマークがついて、カメラマークをクリックすると
被害状況の写真が見れます。

現時点では日本の近所に台風がないので、台風の状況をチェック出来ない
ですが、暴風域や進路もチェックできるようです。

大規模な災害の場合は、国土地理院から提供される航空写真なども見ることが
できるので、土木系工事を生業とされてる方には、業務の参考情報としても
役立ちそうですね。

さらに、避難所情報も表示可能なので、いざというときにはかなり重宝しそうです。
とても直感的に操作できるので、ブックマークしておいて損はないと思います。

【関連記事】

土砂災害発生の危険度を時系列で確認できる【土砂災害警戒判定メッシュ情報】

時系列に今と昔の地図を比較できる、『今昔マップon the web』

お住まいの地域はどれくらい?地盤情報などから地震危険度を教えてくれる「地震ハザードカルテ」

【iosアプリ】使い方によっては安いか?...東京・横浜の古地図がスマホで見れる『時層地図』iPad版リリース。

全国レベルでやってほしい...古今の地図で防災診断 名大など開発







posted by ケイエフ at 09:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック